受け取りまでの流れ

まさかのタイミングで、突然降りかかる交通事故。いつ誰が被害者になってもおかしくありません。交通事故発生から示談金の受け取りまで、どのような手順を踏んでいけばいいのでしょうか。

警察交通事故が発生した場合、そのときにどれだけ痛みや怪我が伴わなくても、必ず警察に人身事故の届け出を出しましょう。仮に警察や加害者に物損事故としての処理をすすめられても断ることが大切です。物損事故として処理をした場合、事故の状況を詳細に調べてもらえない可能性があります。のちに怪我や痛みが発生した場合は必ず人身事故として届け出が出されているか確認しましょう。その後入院や通院、症状が安定してきたことによる後遺症の等級認定を行います。ここでは必ず被害者請求で行うようにしましょう。そして、保険会社との示談交渉へと進み、示談書にサインをすれば示談が成立です。示談書にサインをしてしまうと、その後の変更が困難になりますので、必ず不備が無いことを確認しましょう。

原則示談までの時効は3年以内と決まっていますが、その時効を中断することもできます。加害者が保険に入っていない場合は念書に一筆入れてもらい、保険に入っている場合には保険会社に「時効中断承認申請書」を申請しましょう。